33億6000万円

話す大人です

「唐人街探偵 東京MISSION」を見た

 

ド世間知らずの当日初見感想 以下全部ネタバレ
(翌7/25 微追記修正)

 

テレビも邦画もほぼ見ないので、日本人俳優も出ている中国映画ということだが、誰もぴんと来ず(妻夫木聡長澤まさみ染谷将太浅野忠信も名前くらいはきいたことあるが正直顔は全員知らなかった。まず名前の読み方がわからないので、いまも予告編をyoutubeで見て漢字を一文字ずつ転記した 浅野忠信古田新太の区別がついていなかったことが判明した) 
信じられないかもしれないけど本当に知らなかった…… 最後に劇場で見た実写邦画はたぶん友達に連れられて観た「真夏の方程式」 あれ何年?2012年とか? (わたしの俳優知識は「真夏の方程式」「踊る大捜査線」とあと「髑髏城の七人(ワカドクロ)」で8割がた構成されてる気がする)
そのぶん全員俳優としてではなく役どころとして観ることができたのは得だったかもしれない。ていうか待って みんなじゃあお風呂屋さん入る前の指名手配の村田のポスター見て「人気俳優や!!!こいつ後から出てくるで~!!」って思ったってこと?!私あのとき「な~~~んかこういう小技っぽいシーンがあとあとから効いてきそうだな……」とは思ったんだけどうわ恥ずかしいな みんな指名手配の人の顔最初から知ってたなんて………私はちゃんと新鮮に驚いたのに……そめや?そめたに?無知でごめんねそめたに…?そめや…?

妙にtwitterで話題になっていて、予算がすごいよとかセットがすごいよとかオモロジャパンだよ見たほうがいいよとか、かなりキンプリだよとかスタァライトだよとか書いてあったのでひとりで見てきた。結論から行くといい映画体験だった。楽しかった。

予習ゼロで行ったので(予習しておけば流石に長澤まさみが出てるんだ~長澤まさみってこの人なんだ~くらいは思っただろう)(Twitterで画像が回ってきたので、なんとなく妻夫木聡の顔だけは頭に入れていった)(前作前々作も見てないし…と思ったんですがそもそも日本公開してない感じですか?)基本知らないことだらけです。

以下に感想を箇条書き。事実誤認もいろいろあると思いますがそれ込で。順番はめちゃくちゃです。全部ネタバレ!おもしろかった。




・字幕版で見てよかった!いろんな言語が飛び交って楽しい 中国語て発音のかわいい言語だよね タイ人がしゃべる英語もなんかチャーミングな感じがするし……日本人俳優は中国語>日本語>英語の順で演技がうまく感じたけど母語じゃない言葉喋ってるほうがこっちがニュアンスを勘ぐったりしないから粗が目立たないのは当たり前ですね 
・開始10分で浴びせられる洗礼の強さがすご~~~~~い 伯父と甥の基本的な関係性が悪夢と機内食の部分でイッパツでわかるのいいな ビジネスクラスか チン・フォン白くてツルっとしててかわいいな……この手の肌質と色彩の男に弱いな……3作目なのにこの冒頭と言い、ド頭の「前回までのあらすじ」といい親切だなあ 野田はとりあえず「金にものを言わせる系探偵」?? ものすごいファッション。いいな~~派手で~~てか中国語うまくないか うまいかうまくないかもわからんけど すごいな

・「人間が素顔で密集している」「人間が素顔で過ごしている」ということ自体がいまやもうフィクションだよね(作中で2019年のことと明言されていたので現実との矛盾はないがまあそもそも現実にネオ銭湯もコスプレパレードもない)中盤くらいから普通に慣れたけど序盤は誰もマスクしてない人ごみにすごい変な感じがした
・空港、モブ女の泥レスリングを描くことへの執念ない? 傘!ゴーカート!
・ジャック・ジャー最初は怖かったけど、子供の自転車でいつまでもいつまでもキコキコキコキコ追っかけてくるの見て「あっコメディリリーフなのか」ってやっと気づいて好きになっちゃったよ 自転車取られた子供の泣き声の感じがもろ中国語なのはウケる
・エクストリーム裸の付き合いこと、お風呂屋さんのトンチキジャパンぶりにめちゃくちゃ笑っちゃった モンモンの高齢化……脱衣所はどこ?? 同時通訳機械、高音と湿気に強くてすごいな 普通あんなレーズンみたいなもん一瞬でなくすでしょ イヤポッズよりちっさいのに かなりキモいことを言いますが、チン・フォンの裸がぺったんこでア~勉強できる男のあの細っこい身体らしさがちゃんとある~~という感じで最高だなと思った これで脱いだらすごいとかだったらたぶんチン・フォンに冷めていた ジャッジする権利は当然ないが 基本笑いながら見てたシーンだったけど、でもあれだね……渡辺さん「少しだけ中国語はわかる」みたいなこと言ってたのに…最後まで見るとまったく少しじゃなかったんだね……とつらくなった
・野田とチンフォンは前からまあまあ仲良しなのか、単に能力の系統が極めて近いからすぐに通じ合ってるのかどっちなの?
・普段思想信条上こんなこと普段絶対言わないし何なら婚姻制度異性愛規範憎んでるけどこれだけは言わせて ……………チン・フォンと結婚した~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い…………………………………………………………………………なんだ?あの結婚したさ ええ………………………………………………………困惑………………………

・死体袋大渋滞大混乱こんなん笑うでしょ みんなおんなじこと考えてる 死体(仮)をのせたストレッチャーがエレベーター前に複数並ぶな 「「検死ができるのか?!?!」」ウケる チンフォンと野田の共同推理アツかった 芸風似てるんだね そういえばチューする気か?とかタン・レンにも言われてたけどかなり目と目で通じ合う~~感じよね 同人誌いっぱい出てへん?平気か?
・ジャック・ジャー、タン・レン、野田はフィジカルがかなり強く、チン・フォンと野田は外れ値の目と脳みそがあり(特にチン・フォン)、野田には金がある ってことか 
・どうしても心配なこと ボコボコにされた死体袋の看護婦さんは無事だったの?それだけが気になる 無駄なモブ殺生はしなさそうな世界観だとは感じたが……

・小林ちゃんへのタン・レンのヘンテコアプローチ以外で特にいらん異性愛が挿入されないのも良かったな いや女子学生がキャーキャー言うところはあったか………
・夜の女王のアリアって何であんなに人気あるんだろう あれセンセーショナルで華やかな歌過ぎて「母親と娘の歌」としてちゃんと向き合ってもらえてるところ見たことない でも村田のへたくそな口笛の夜女はぞっとした 確かに演出効果高い曲なのかも

・コスプレパレード………コスプレパレード?!?!?!?
・野田、ミニスカドレスを手に取ってキャッキャしていたなら視聴者のご期待に応えてミニスカコスプレしろ 聖闘士星矢かい ちびまる子ちゃんには観客席からも怒涛の笑いが起きていた
・スラダンぽいバスケユニフォームが「数字」の対象になってるけど「湘北」が「将軍」になっててメチャクチャ笑った かなりぱっと見のローマ字が近いパロディでありつつネオジャパン語彙でポイント高い
・胸のサイズ「36D」って何?
・野田、ヘリコプターに乗って”I'm a King of Tokyo!!”からの失格扱いで何~~ッ!だったの、ほぼ海馬瀬人だよ ヘリに乗って高笑いして不測の事態でぬぬぬ……になるのはそれはもう海馬瀬人なのよ マブいね…
・チンフォンごめん 渋谷の交差点は赤になってからの方が渡る人間多いかもしれん
・駅を全力疾走するタン・レンとチン・フォンのコンビにせよ、スクランブル交差点のど真ん中に赤信号で飛び出してバスの上から札束をまく彼らにせよ、すごくアツいシーンなのに「非常識な中国人の挙動」としてこの世界のインターネットのおかしい人たちに死ぬほど叩かれそう……と暗澹たる気持ちになってしまった………
・トラウマ掘り返されるチン・フォンかわいそう スクランブル交差点あたりから怒涛のチン・フォンくんかわいそうタイム ラブデスターかよ

・村田意味不明だけどいいキャラしてんな~と思ったら有名俳優だったんだね……ただ個人的に強姦殺人には非常に厳しい目を向けているので死んで当然キャラだし愛することもないスわ… いやしかし自分から落ちていったのか これは自分を使いつぶしたQへの最後の抵抗だったとみることもできるのかもしれない 裁判での「自分の命を代償にする人がいますか~?」みたいな煽りがここに跳ね返る可能性ある
・ブラックライトの部分、言ってることはわかるけどどういうこと?別に「チン・フォンが塗料のついたお札をさわり、その後村田を触ったか触らなかったかで揉めるだろう」とは当然思ってなかった(村田に殺人の選択を迫られるとは思ってなかった)けど、金だけを求めているとは思えなかったのでいちおう金にツバつけといたのが思いがけない形で実を結んだということ?ちょっとでも触ってたらアウトだったならむちゃくちゃ危ない橋だな チン・フォン、あれで殺人の意識からまぬかれ得るとすれば相当なんというかこう 持ってるな
・そもそもなんであんなに手間かけて3億も4億も引き出さなきゃいけなかったんだろうね それもQのテストなの?まあノリもあるか
・チン・フォンくんかわいそうだけどズボンの刺繡がほんとにほんとにかわいいね………おじさんといいバディだよね 家族だ……力士にも反則勝ちしてるし……まじであの力士と増殖する剣道の人はなんだったの?力士は一体でいいのにジャック・ジャー不憫
・密室に閉じこめられてなお密室大好きチン・フォンくん

・Q、誘ったものと断ったもの なんの特別な繋がりもなく理解し合わないものたちの決別が抱擁の形なのエモだよ こういうのは抱く方の負けで、抱かれる方の勝ちなんだよ チン・フォンの勝ちだよ…… 男性間でもいや~なものから親愛のあるものまで、劇的に過剰に演出するでもなく自然に身体を接触させるシーンが結構多いのすごく好きですね
・正直田中さんの顔に、チン・フォンの能力を超えるほどのインテリジェンスは感じないんだけど………てか徒党でやってるQが1位であるところへ2位につけてるチン・フォンほんとに外れ値の脳みその強さなんだな 野田もか
・最後は最重要情報を足で稼いできたジャックジャー、それ見てぐいぐいランク上がったのも納得だなと思った 人には人の強みがあるってことか

妻夫木聡の顔初めてまともに知ったけどそりゃ「怒り」とか流行るわ(あれ妻夫木さんで合ってます?ずっと気になってたけど見ていない)
・検察が裁判長やるわけないから超混乱したけど川村のおばさまってふたりいる感じ?姉妹?(wiki見たら双子って書いてあった いやむずいよ)ウィンクする相手を間違えてるわよみたいなあれ、傍聴席にいたのお母さん?かと思ったけど違った?チン・フォンと違って野田氏と結婚した~~いにはならなかったが、あの傍聴席にいた女性としてギャ!て顔で見られたい という夢は発動した 
・正直終盤の怒涛のまくり難しかったんだけどタイからタンはすぐ戻ってきた?てこと?女の子がつき飛ばした、あれがヒントで? それで黒龍会に見つかって殺されかけた なるほど 書くと整理出来てきた
・キコちゃん?っていうのがあの派手髪の優秀そうなかわい子ちゃん?いつ来たの?どこの子?タイのあのジャンパースカート少女とは全然別キャラだよね?あと足を怪我したチン・フォンを助けに来た5人組だれ?知り合い?

・バックの話があまりにも重い 父と娘、秘められた憎しみと愛、真夏の方程式と同じようなパターンやな〜まああるあるね〜と思わんでもないがあまりにもきつい しんどくて本当に涙出た お母さん役きれいすぎるな 絶世の美女
・「お父さん」が娘と下っ端(渡辺さん)を結婚させることになんの「両家にとっての意味」があるのかと思ったが、自分の娘じゃないか 「お父さん」の養子かなんかとして相手がたの娘と結婚しろってことか
・「誰も本当には悪くなかったんだよ 難しいね」みたいな形でふんわり納得しちゃだめだよなこういう時 と最近とみに思う じゃあどうすればいいんだろう? 不幸なものはいつまでもどうやっても不幸なんだろうか 貧しく言葉がわからないことは不幸せへ常に容易に接続するのだろうか そうだとしたら変えなくてはいけないが、仮に世界を変えられても時間は戻らないので、世界が変わる前の不幸な子供や家族が遡及的に救われることはなく 帰り道そういうことを考え続けてすごくつらかった……

以上突貫初見感想でした。いやおもしろかった……普段絶対こんなこと言わないのにチン・フォンと結婚したい………ハウチャーミングユーアー……若い燕のような淡々としたかわいい外れ値男、ヘキが過ぎる……ちょっとバーフバリに近いところもあるのかな 終わりの微妙な納得いかなさというかもやもやはプロメアにも似ていたかも(それってある種の現実感かもしれないが) チン・フォンの行動原理みたいなものがしっかりわかりきらないまま見てたから(完全犯罪とか)、お父さんのところはなんとなくわかったけど、ニューヨークとバンコクも見たいな 見に行って良かったです。